診療支援
画像診断科

画像診断科では、一般撮影装置、超音波診断装置、CT装置、MRI装置を用いて画像撮影を行っています。全ての装置がデジタル化され、PACS(医用画像情報システム)によるフィルムレス運用を行っています。

 

スタッフ紹介

画像診断科 科長 春口良久

診療放射線技師  2名

 

平成29年度の目標

  1. 被険者防止
  2. 検査内容誤認防止
  3. 被険者の安全確保(入室から退室まで)

 

平成28年度実績

 

一般撮影

CT

MRI

透視関係

ポータブル

手術ポータブル

平成20年(2008)

8285

2194

1035

810

 

 

21年(2009)

8341

2462

1003

849

 

 

22年(2010)

8667

2776

862

833

 

 

23年(2011)

8809

2901

848

776

 

 

24年(2012)

8724

2809

1124

854

 

 

25年(2013)

8090

2924

1055

881

 

 

26年(2014)

7939

2742

896

909

851

 

27年(2015)

7388

2809

970

881

821

 

28年(2016)

6839

2798

796

936

644

199

 

機器の紹介

  • 80列マルチスライスCT : 東芝社製 TSX-303A/Aquilion PRIME
  • MRI : 東芝社製1.5テスラ EXCELART Vantage
  • 一般撮影装置 : 東芝社製 KXO-32S
  • Cアーム装置 : SIEMENS社製 SIREMOBIL Compact L
  • 透視撮影装置 : 東芝社製 KX-32XD
  • マンモ撮影装置 : 東芝社製 MGU-100D
  • ポータブル撮影装置 : SIEMENS社製 MOBILETT XP
  • 3Dワークステーション : AZE VirtualPlace
  • NEOVISTA  I-PACS CX : コニカミノルタジャパン株式会社

 Aquilion PRIME (80列CT)

 マルチスライスヘリカルCTスキャナ(80列)は、優れた分解能と高速撮影、被ばく低減と高画質の両立、施術しやすいワイドボアで高い次元に融合された装置です。大切な家族が、これからも安心して検査が受けられるように、そんな願いを込めた次世代モデルです。

NEOVISTA  I-PACS CX

院内のさまざまな画像をPACSに結集し複数システムをひとつのシステムに統合

  • 放射線部門:CR/DR,CT(80列),MRI(1.5テスラー),X-TV,マンモ
  • 生理検査部門:US,心電計
  • 内視鏡部門:電子内視鏡

フィルムレスシステム・レポートシステム搭載にて、画像診断の質と作業効率の向上。また、胸部単純X線撮影画像処理プロセッサー(Sencia finder)搭載にて、鎖骨/肋骨を減弱し、読影を支援する処理や経時差分処理による「みえにくい」変化を「みやすい」にする処理機能を搭載しています。PACSビューアーとしての基本機能として、2D、3D、動画、MFER・マンモビューワ・歯科用ビューワ・ECGビューワ機能を装備しています。

医療法人 栄和会 寺田病院 〒895-2513 鹿児島県伊佐市大口上町31-4 TEL 0995-22-1321